❤乳がんステージ4ママとのつれづれ日記❤

~乳がん骨肺肝転移の母とヨガ好きアラフォーぴょこと、時々、キャラ濃い家族~

初発時のこと⑤ ~手術後から退院まで(2009年)~

ママ吉 術後の回復と雪への想い

 

手術は夕方に行われたが、翌朝からはもう積極的に動くように指導された

前年のオトウト吉の心臓置換術後も、異なる病院であったが全く同じ指導方法(?)であった

早く回復できるよう、リハビリを兼ねてのことだろう

え~っ、あんなにあんなにガンバったから、もうちょっとゆっくりさせてあげようよ~というのは、シロウト考えなのかな

 

ご指導にそって、朝食に起き上がったA型(RH+)のママ吉

・・・40代から高血圧治療中なのに、低血圧(上80台)で倒れてしまったそうな

               

点滴と手術部位からのドレーンをさげて、ぶらぶら~

それらも取れ、日に日に身軽になり、電話ボックスまで歩いて家族にビデオ通話をしてきたり

親戚・友人の面会もちょいちょい増えたり

順調に回復してきた

               *

梅の花が咲き始める早春とはいえ、まだまだ寒かったな

雪の中のお見舞いは、がんという深刻なヤマイともあってず~んと身に沁みるものがあった

でも今思えば、ぴょこのココロの不安やナミダを、がそっと包んでくれていたのかもな

 

サスペンスドラマや演歌でワケアリなヒトは、津軽海峡とか能登とかとにかく雪が似合うところへ行くよね

間違っても、石垣島やハワイとかに常夏へ行かないよね、イメージだけだけど

 

なにはともあれ、右チチを切除して、わきの下から中央にかけて大きく入ったステッチは、まだまだ引きつった感覚はあったようだが、入院9日目で無事に退院と相成りました!